サクラ大戦 熱き血潮に

img
img【ART】1G純増約2.0枚
┗帝撃ラッシュ:1セット20G以上+α(初回は30G+α)
┗敵将バトル:自力継続と継続率管理の2種類
●自力継続…脇侍全撃破で敵将バトルに突入
※引き分け以上確定となるのでゲーム数上乗せ確定!
●継続率管理…残りゲーム数が0になると敵将バトルに突入
※敗北で通常ゲームへ

[メニュー] クリックでジャンプ
ゲームフロー
通常時の打ち方
帝撃ラッシュ(ART)
敵将バトル
上乗せ特化ゾーン
ハートフルタイム
自力チャンスゾーン
液晶ステージ
天井ゲーム数

■ゲームフロー
img
 Check Point
●【サクラ大戦 熱き血潮に】は1セット20G以上+α(初回セットは30G)1G純増約2.0枚のARTで出玉を増やすタイプの機械となっている。ゲームの鍵を握るのは液晶右側の表示される4種類の『好感度』となっており『青=チャンスリプレイ / 紫=チャンス目 / 赤=チェリー / 緑=スイカ』とリンクしている。この好感度をどれか1つでもMAX100に到達させる事で通常時は自力チャンスゾーンやARTの直撃抽選、ART中は展開が有利になる恩恵が受けられるようになっている。ART中は、残りゲーム数内に脇侍を全て撃破を目指すシステムとなっており、脇侍を全て撃破出来れば引き分け以上確定の敵将バトルに突入。脇侍を全て撃破出来なかった場合は継続率抽選の敵将バトルに突入し敗北してしまうとART終了となる。
※敵将バトルは引き分け以上でゲーム数上乗せ確定となる。
この他、『(超)必殺技覚醒』『帝撃チャンス』『デートタイム』など特化ゾーンも複数存在し出玉にアクセントを与える中身となっている。

■通常時の打ち方
img
 Check Point
通常時は左リール枠上付近にBAR図柄を狙う。
【チャンス小役は以下の通り】
中段チェリー
強&弱チェリー
強&弱スイカ
強&弱チャンス目
チャンスリプレイ
CB

●左リール中段チェリー停止時
中&右リールにBAR図柄を狙う
中段チェリー確定(フリーズ)!?

●左リール下段チェリー停止時
中リールを適当打ちして、右リールにチェリーを狙う
3連チェリーの形になれば強チェリー
それ以外は弱チェリー

●左リール上段スイカ停止時
中リールにスイカを狙い右リールを適当打ち
スイカの斜め揃いは弱スイカ
スイカの小V字は強スイカ

●左リール下段BAR停止時
中&右リール共に適当打ちでOK!
中段『リプレイ/リプレイ/ベル』でチャンスリプレイ
中段『リプレイ/リプレイ/スイカ』で弱チャンス目
中段『リプレイ/ベル/ベル』でCB
右上がり『BAR/スイカor赤7/スイカ』で強チャンス目


■ 帝撃ラッシュ(ART)
img
 Check Point
●【帝撃ラッシュ】は1G純増約2.0枚のARTで、1セット20G+α(初回セットは30G以上)となっている。ART中はベルを引く度に脇侍を撃破して、液晶上部に表示されている脇侍数を全て減らせれば、引き分け以上確定の敵将バトルへ突入(脇侍を全撃破出来ずにARTゲーム数が無くなった場合は、継続率に従って敵将バトルへ突入)。
初回ARTは脇侍1,000体からスタートするが、必殺技覚醒という脇侍撃破特化ゾーンも付いてくるので大量撃破のチャンスとなる。更に、ART中も通常時同様に好感度が鍵を握っており、好感度MAXとなればそのART終了まで継続する様々な特典が得ることが出来る。

青/チャンスリプレイ=MAX時は高確移行率アップ
紫/チャンス目=脇侍の撃破数アップ
赤/チェリー=必殺技発動率アップ
緑/スイカ=高確滞在率アップ
※好感度がMAXになると必殺技覚醒も発生!?

■ 敵将バトル
img
 Check Point
●【敵将バトル】はART残りゲーム数が0になった場合と脇侍を全て撃破した場合に突入する6G間のバトル。勝利時はARTゲーム数を上乗せして次の敵将が登場、引き分け時はARTゲーム数を上乗せするが敵将は据え置き、敗北時はART終了となる(脇侍を全て撃破から突入した敵将バトルは引き分け以上確定)。また、敵将は全部で6種類存在しバトル突入契機により期待度が異なる。

・脇侍全撃破からの敵将バトル期待度
天海<刹那<葵叉丹<ミロク<羅刹
・ARTゲーム数0からの敵将バトル期待度
葵叉丹・羅刹<天海・ミロク<刹那

※最終バトルは【覚醒サタン】が対戦相手となり勝利すればそれ以降は全ての敵将が高継続状態へ…!?

■ 上乗せ特化ゾーン
img
 Check Point
●(超)必殺技覚醒
【必殺技覚醒】は脇侍撃破特化ゾーンとなっており、継続ゲーム数は5G+αとなっている。主な突入契機はART初当たり時、チャンス小役or好感度MAXでの抽選となっている。滞在中はベルを引けば必殺技が発動し脇侍100体以上を撃破!5G経過後はリプレイ成立時に転落抽選を行う。また、合体必殺技が発生すれば脇侍大量撃破に期待が出来る。
※【超必殺技覚醒】は継続ゲーム数が10G+αとなる。

●帝撃チャンス
【帝撃チャンス】はARTゲーム数上乗せの特化ゾーンとなっており、継続ゲーム数は10G+αとなっている。主な突入契機はチャンス小役での当選となっている。滞在中はカットイン発生時に押し順に従い赤7を狙い、7揃いとなればARTゲーム数の上乗せとなる。カットインは背景色で期待度を示唆しており【青<緑<虹】の順に7揃いの可能性がアップする。また、滞在中のチャンス小役は【帝撃チャンス】自体のゲーム数を上乗せする。

●デートタイム
【デートタイム】はARTゲーム数上乗せの特化ゾーンとなっており、滞在ゲーム数は10G+αとなっている。主な突入契機は敵将バトル勝利時の一部となっており、敵将バトル勝利後に次回予告発生で大チャンスとなる。滞在中はリプレイ以外の全役でARTゲーム数の上乗せ抽選を行い、【デートタイム】最終ゲームで獲得したハートの数だけプッシュボタンで上乗せゲーム数を告知。獲得したハートの色は上乗せゲーム数の示唆となっており、1契機で最大300Gの上乗せが可能となっている。

■ ハートフルタイム
img
 Check Point
●ハートフルタイムは通常時の好感度UPの特化ゾーンとなっており、突入率は約1/53となっている。特化ゾーンの種類は全4種類、加算される好感度はハートフルタイムの突入契機役とリンクしている。
※4種類のハートフルタイムの詳細は以下の通り

・アドベンチャータイム
ベルの押し順当て成功で好感度が5%以上アップ!

・ターゲットタイム
ライフが尽きるまで毎ゲーム好感度が1%以上アップ!

・バニータイム
10G間毎ゲーム好感度が3%以上アップ!

・ドキドキタム
1G固定で告白成功となれば好感度100%となる!

■ 自力チャンスゾーン
img
 Check Point
自力チャンスゾーンは『仮想迎撃チャレンジ/轟雷号チャレンジ/レビュウチャレンジ』の3種類存在し、成功期待度は約45~83%となっている(後者の方が期待度が高い)。主な突入契機は好感度MAXからの抽選で自力チャンスゾーンの詳細は以下の通り

●仮想迎撃チャレンジ
ART期待度約45%の自力チャンスゾーンとなっており、ベルの押し順当てに失敗せず10G完走出来ればART当選となる(ベルは押し順当て時は基本的に脇侍が出現し2/3で押し順正解となる)。また、チャンス小役成立時はARTの一発抽選も行われており、孔雀登場時はチャンス役に期待が持てる。最終10ゲーム目は全役対応の神衣が登場するのでレバーONでの成立役が解らない状態となる。

●轟雷号チャレンジ
ART期待度約66%の自力チャンスゾーンとなっており、10G+αの継続ゲーム数内に轟雷号を目的地に到着させられればART当選となる。目的地への距離は2500Mとなっておりチャンスゾーン滞在中は成立役に応じて毎ゲーム減算されていく。また、レバーON時に究極加速装置発動演出が発生すれば、大きな距離数が減算されるので大チャンスとなる。更に、目的地までの間には途中駅が用意されており、こちらに到着すれば継続ゲーム数が加算される。

●レビュウチャレンジ
ART当選期待度約83%の自力チャンスゾーンとなっており、最大25G間滞在しその間成立役に応じて毎ゲーム液晶左側に表示される成功期待度を加算していく。そして、最終ゲームでレビュウ本番締め演出でARTの当否をジャッジ。この時、チャンスボタンの大きさや色でART当選期待度を示唆する。

■ 液晶ステージ
img
 Check Point
●通常ゲーム中の液晶ステージは【春ステージ=チェリー】【夏ステージ=スイカ】【秋ステージ=チャンス目】【冬ステージ=チャンスリプレイ】と滞在ステージに応じたチャンス小役が引ければ大きく好感度がアップ出来るシステムとなっている。更に、好感度アップの特化ゾーン【ハートフルタイム】への移行も滞在ステージに応じたチャンス役が鍵を握っている。

■ 天井
●「天井機能」
ART間好感度MAX10回達成でARTに当選!?

※独自調査によるものでメーカーによる公式発表値ではありませんのでご了承ください

■PV


[ページ最上部へ]
グループTOPへ

KOTOBUKI